英語リスニングのためのレベル別教材とステップアップの方法を紹介

takto, 2020 October 16

Category: リスニングの勉強方法

  • 自分に合ったリスニングの教材を見つけたい
  • 挫折しにくいものを使いたい
  • 勉強のコツがあれば知りたい

英語のリスニング教材を探している人へ、僕が実践して学んだうまくいく・いかない勉強法とあわせておすすめの教材をレベル別に紹介していきます。この記事では以下の3つを満たせるように書いていきます。

  • レベル別の無料・有料の教材を比べられる
  • 挫折しないために気を付けることがわかる
  • 成果が出やすい勉強法がわかる

それではお付き合いください:)

ちょっとだけ自己紹介すると、僕はTOEIC400点未満から英語学習を始めて語学学校・大学院留学を経てオーストラリアで現地就職することができました。

その過程でうまくいった・いかなかった勉強のしかたがわかったので、ブログを通して今勉強している人たちに情報共有しています。

質問などあったらぜひ連絡ください:)

リスニングで成果をだす勉強法

日本語で考えない・訳さない

リスニングでは日本語に直して考えている時間はないので英語を聞いたらそのまま理解できるようになる必要があります。そしてそのためには日本語で考えない・訳さないということが必要です。

「それができたら苦労しないよ・・・」と思うかもしれません。でも意識して英語で考えるようにしないといつまでたっても日本語で考えたり訳そうとしてしまいます。

具体的にどうすればいいのかというと

  • 1日のなかで英語だけで考えて過ごす時間をつくる
  • 英語を勉強する時間は常に英語で考える
  • 通勤や通学のときに英語で考え事をする
  • 自分の部屋にいるときは英語で独り言を言う
  • スマホとPCの言語を英語にする

など、やろうと思えばチャンスはいつでもあります。

最初は大変ですが2か月くらいで英語が最初に頭に浮かぶようになってきます。

英語で考えられるようになればリスニングで入ってくる情報をすばやく処理して理解しやすくなります。この土台が出来上がればあとは勉強すればするほどリスニングが伸びていきます。

なるべく音声を止めずに聞きとる

リスニングの勉強でよくやってしまうのが、聞きとれなくて音声を頻繁に止めて確認することです。そうするとリアルタイムでリスニングしてついていく力がつきにくいので、聞きとりが上達しにくいです。

目安としてはセリフ10回で1か所わからないところがある、くらいが良いと思います。

ここで重要なのは

  • わからないところがあってもとりあえず続けて聞く
  • 日本語に訳さないで意味を理解する

という点です。

訳すべきでない理由はさきほど書きましたが、わからない箇所が出てきてもとりあえず聞くというのは、続けて聞いたら意味が分かる・もしくは推測できるかもしれないからです。

テストとでも現実のリスニングでもそうですが、ちょっと聞き逃したりわからなくても推測することが重要です。

リスニングの流れについていくこと、そしてわからないことを推測する練習としてなるべく音声を止めずに聞くようにしましょう。

おもしろいものよりも理解できるものを優先する

おもしろい内容の教材を使いたいところですが、理解できないと面白くないので苦痛になるのがリスニングです。

逆におもしろくはないけど英語を理解できたときには「楽しい・うれしい」という気持ちになり、リスニング力が上がるうえにモチベーションにもつながります。

要は難易度とおもしろさの2軸で教材を選びつつも、理解しやすさを優先しましょう、ということです。

例えばアメリカのコメディーが好きだからコメディー番組を見る、なんていうのは難しすぎるのでおすすめしません。観客が笑っていても何がおもしろいのかわからないし自分だけわからないのが苦痛に感じます。

でも自分が理解できるカメの生態系についての話は、嫌いでないならリスニング教材として使うべきです。カメについて知ることよりも英語を聞きとれたことの喜びがすごいです。

あくまで聞きとれるかどうかを一番に考え、そしてなるべく興味のあることについてリスニングすると上達しやすく挫折しにくい、というのが僕の考えです。

レベル別リスニングおすすめ教材

勉強の仕方と教材選びのポイントを押さえたところでレベル別のおすすめリスニング教材を紹介していきます。

TOEICの点数はただの目安なのであまり気にしなくて大丈夫です。

初級者におすすめ(TOEIC400点あたりまで)

  • 「知っている単語なのに聞きとれない」といったことが頻繁に起きる
  • 一度聞いただけじゃなかなか理解できない

こういった人はまずリスニングに必要な音を認識するための勉強をしましょう。

学校での英語教育ではなく「使える英語」を目指しましょう。

  • まずは英語の音を知り、自分で発音できるようになること
  • とにかく簡単な英語で日本語に訳さないようにして理解するクセをつける
  • 単語と文法の知識をつけていく
  • 会話のフレーズを学んでいく

ということを念頭に勉強していきましょう。

発音の勉強は発音記号をしっかりと学べるものを使えば2か月ほどで基本をマスターし、リスニングでも効果を発揮します。

僕がオススメするのは「UDA式30音練習帳」です。これならそれぞれの音にわかりやすいイラスト・解説・音声がついているので独学でも問題なく進めていくことができます。

UDA式30音練習帳

あわせて読みたい:発音の勉強方法まとめは下の記事を参考にしてください。

発音の勉強法は発音記号・単語・フレーズ・英文と段階的に進めながらテクニックを学びましょう。英語の発音は「上手く」ないと伝わらない・聞きとれない・英語力が伸びないので、最初に勉強しておきたいところです。

発音の勉強がひと段落したらリスニングの練習を始めていきましょう。初級レベルの人におすすめの教材は以下の無料で聞けるポッドキャストです。

これらの初心者(elementary/beginner)向けのものを聞いていきましょう。まずはほとんど理解できるくらいのレベルを聞いていき、英語のまま意味を理解するようにしましょう。

訳したほうが簡単だと思うかもしれませんが、日本語と英語の両方の知識が必要でかつ高速に通訳できないとムリです。つまりかなり高度な技術が必要で、実際の英会話でこれをするのはプロの通訳者とかでないと厳しいです。

リスニングの基本は一回聞いて理解することなので、そのためにも初心者のうちから英語のまま理解できる簡単な教材を使って勉強していきましょう。

中級者におすすめ(TOEIC600点あたり)

  • 短い文ならわかるけど長文やストーリーになるとついていけない
  • 難しい単語や文法が入ってくるとわからなくなる

という人は英語のまま理解する英語脳をさらに鍛えて、聞きとりに必要なテクニックも学んでいきましょう。このレベルで重要な点は以下の通りです。

  • 常に英語で思考する
  • 単語や文法を継続的に勉強する
  • リスニングの学びをスピーキングで実践する
  • 単語ではなくフレーズごとに意味をとらえる
  • 重要な箇所だけ聞きとり残りは聞き捨てる

おすすめの教材は無料で聞けるポッドキャストや教材とテスト問題集も使っていくとリスニングのテクニックを練習できます。

中級者向けの無料リスニングサイト

さらにテスト対策用の問題集もテクニックを実践できるのでいい勉強になります。僕も大学院とビザのためにIELTSの問題集で勉強しましたが、やはり公式から出ているのでいい勉強・準備になりました。

本だと音源がいまだにCDという残念なものが多いので、代わりによさそうなアプリも紹介しておきます。

Cambridge IELTS Academic 15

ETS The Official Guide to the TOEFL Test

日本語版の問題集だと日本語訳を見ることになってしまうので僕はおすすめしません。常に英語で考えられるように英語の教材を使いましょう。

これらに限らず初級者向けに紹介したサイトでも中級者用のものがあるのでそれらも使っていきましょう。

この間まで聞き取れなかったものが聞けるようになると自分のレベルが上がってきている実感が湧くはずです。

上級者におすすめ(TOEIC800点以上)

  • ネイティブ向けの自然なスピードや話し方になるとわからなくなる
  • ビジネスや専門領域になると理解できなくなる

という人はよりリアルな英語を聞いていく中でフレーズや表現を学んでいきましょう。

さらに自分が目標としている領域での専門的な用語や言い回しも学んでいくと難しい内容でも理解しやすくなります。

  • 簡単な部分では低い集中力での聞き取り
  • 予測しながらのリスニング
  • より高度・複雑な内容についてリスニングする

「自然な言い回し」「間違った文法」「スラング」など、ネイティブ同士における会話についていけることを目指しましょう。そして自分が会話に参加する・意見を言えるようになるのが理想的です。

実際の英会話ではビジネスにおけるミーティングや大学でのディスカッションなどで他の人の会話についていきながら自分の意見をまとめて発言できるようにならないと海外就職や英語での仕事は難しいです。

なのでまずは聞いて理解する、そして余裕がでてきたら聞きながら自分の意見を頭で(もちろん英語で)考えるようにしていきましょう。そうすればネイティブとも対等に議論できる域に達していきます。

上級者におすすめの教材はより自然な英語が聞けて専門性のあるものです。

上級者向けの無料リスニングサイト
ジャンルサイト
ニュース
TED
映画・ドラマ・番組

これらはよりリアルな英語にフォーカスしているので、必ずしもリスニングの勉強に向いているとは限らないので注意しましょう。

難しすぎると感じたら、初級・中級者向けで紹介したサイトで上級者向けのものを使うのもおすすめです。リアルな英語よりは聞きやすいものが多いはずです。

まとめ

今回はレベル別におすすめの英語のリスニング教材を紹介しました。

内容をまとめると以下のようになります。

着実にリスニングを上達させるためには:

  • 日本語で考えない・訳さない
  • なるべく音声を止めずに聞きとる
  • 興味のある内容よりも理解できるものを聞く

教材はレベルに応じたリスニング力の目的に合わせて選んでいきましょう。

リスニングレベル
おもな目標
初級レベル
  • 英語の音を知り自分で発音できるようになる
  • 簡単な英語で日本語に訳さないようにして理解するクセをつける
中級レベル
  • リスニングにおけるテクニックを使って聞きとる力をつけていく
  • より自然な速さで単語や文法の難易度を上げていく
上級レベル
  • よりリアルな英語を聞いていく中でフレーズや表現を学び聞きとれるようにする
  • より専門的な内容のものを理解できるようにする

まずは無料の教材を利用していき、より体系だった教材を使いたい場合には有料のものも視野に入れていきましょう。

リスニングの勉強法は下の記事でまとめて解説しているので参考にしてみてください。

リスニングの勉強法は英語を聞きとれない根本的な原因である「聞いている英語の難易度」「発音」「単語と文法」「英語のまま理解」を解決するように進めていきましょう。ひたすら聞くといった方法ではなく、原因と結果を結びつけた学習のしかたを紹介します。

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (25)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。