英会話で頻繁に使う【really】の発音は発音記号から直そう

takto, 2020 July 9

Category: 発音の矯正と練習

「ネイティブが言う”Really?“と自分の”Really?“が全然違う音に聞こえる・・・どうすればあんな風に発音できるか知りたい。」

「うまくreallyを発音できないから英会話であまり使いたくない・・・本当はもっと使いたいけど・・・」

reallyは英会話で頻繁に使われる言葉なのでしっかりと発音できるようになりたいですよね?

でも実際に発音しようとすると意外と難しいという人も多いと思います。なんといっても日本人が苦手とする【r】と【l】の音が入っていますからね。

かといってカタカナ発音で「リアリー」と言っても正しい発音とはだいぶ違ってしまいます。

この記事では、この意外と発音しにくい【really】の発音の仕方をイラストやコツを含めて解説していきます。

解説に沿って練習していけば見違えるように【really】の発音が上達しているはずです。

記事の内容

reallyは「リアリー」だと通じない

英語の”really”の発音が難しいからといってカタカナ発音で「リアリー」と言っても通じません。

なぜreallyが「リアリー」だと通じないのかというと

  • 「リ」は【lɪ】に近く、【rɪ】とはかなり違う音
  • 「ア」が強すぎて【ə】に聞こええない
  • 「リー」は【li】に近いけど【l】の音がちょっと弱い

という理由のためです。日本人はこれらの日本語と英語の関係性を知っているから理解できるけど、日本語をしらない人からすればreallyとは別の音に聞こえてしまいます。

reallyの正しい発音

まずは正しい発音を聞いてみましょう。

reallyの発音(サンプル)

どうでしょう?カタカナ発音とはかなり違って聞こえると思います。

しかしこの発音を聞いてマネをしてもうまく発音できないと思います。なぜなら音を聞いただけでは口や舌といったパーツをどう使うかわからないからです。

ではどうすればうまく発音できるようになるでしょうか?

reallyをうまく発音するには

“really”をうまく発音できるようになるために以下のステップで勉強するのがオススメです。

  1. reallyを発音記号に直す
  2. 発音記号から練習する
  3. reaとllyに分けて練習する
  4. reallyでつなげて練習する

まず英語の発音のしかたを知るためには、スペルではなく発音記号をみる必要があります。なのでreallyの発音記号を確認しないといけません。

つぎに発音記号の1つ1つをきれいに発音できるようにします。この段階では口や舌の使い方をイラストと解説をたよりに練習します。発音記号ができないと、その集合体である単語をうまく発音できないのは想像しやすいと思います。

いきなり単語だと難しいので、reaとllyの2つのパーツに分けて練習すると上達しやすくなります。

最後にreallyをつなげて単語として発音します。

それでは早速始めていきましょう。

reallyを発音記号に直す

まずはrealllyを発音記号に直しましょう。やり方は辞書で調べればOKですが、Longmanの英英辞書をオススメします。

辞書によってはもっと難解な発音記号の表記にしている場合もあるので注意です。

辞書によるとreallyの発音記号は【ˈrɪəli】となります。

Source: Longman English Dictionary

この発音記号をもとに、どのように発音すればいいのか解説していきます。

reallyの発音記号を練習する

つぎにreallyの発音記号である【ˈrɪəli】を1つずつ見ていきましょう。

発音記号それぞれの発音の仕方を↓の表にまとめてあります。

発音記号発音のしかた
r舌を奥にひっこめる・少し先を立てる(上あごに当たらないように)
ɪ横に広げて「エ」くらいの形にして発音
ə口を少しだけ開けて「ア」とも言えないこもった音を出す
l舌を前歯の裏と歯茎につけた状態で発音する
iɪと同じ(アクセントでないだけ)

さらにイラストや発音のコツを書いていくので参考にしながら練習してみてください。

【r】の発音のしかた

【r】の舌の位置と形

rの発音のしかた

【r】の発音のコツ:

  • 舌を奥にひっこめて舌先を立てる
  • 舌先がどこにも触れないようにする
  • 巻き舌ではないので、舌を動かしたりバタバタさせないように注意。
  • 声を低く発音する(”L”は声のトーンが高い)

【r】の発音の練習方法:

  1. まずは舌を正しい形・位置におく
  2. それができてから2つのパターンで音をだす
    • 【r】を舌の形と位置をキープしたまま音をだす(「ウ」っぽい音だけど母音を含まないように注意)
    • 口を縦に開けて【rə】と発音する
【ɪ】の発音のしかた

【ɪ】の口の形

ɪの発音のしかた

【ɪ】の発音のコツ:

  • 口の形は日本語の「エ」で音は「ィ」に近い
  • アクセントの場合は少し長めに、そうでないなら短く発音する
【ə】の発音のしかた

【ə】の口の形

əの発音のしかた

【ə】の発音のコツ:

  • 口を少しだけ開けて「ア」とも言えないこもった音を出す
  • 【ə】はアクセントではない母音の音なので、アクセントでないことを伝えるために重要になる
【l】の発音のしかた

【l】の舌の位置

lの発音のしかた

【l】の発音のコツ:

  • 舌先を前歯より前にだすとよりきれいになる
  • 【l】は「ラリルレロ」よりもっと前に舌をつける必要がある
  • 声を高くするとより聞きとりやすくなる(【r】は低い音で発音する)

【l】の発音の練習方法:

  1. まずは舌を正しい形・位置におく
  2. それができてから2つのパターンで音をだす
    • 舌をつけたまま音を出す【l】(「ウ」っぽく聞こえるが母音を含まない)
    • 舌を離すと同時に【lə】

【r】と【l】がうまくいかない・違いについてもっと知りたい、という人は↓の記事を参考にしてください。

英語の【L・R】の発音は舌の位置と声の高さの違いがわかっていないと使い分ける・聞き分けることが困難です。この記事ではLRの違いをはっきりとさせて、自分で正しく発音し、聞き分ける力も伸ばせるように書いています。

reaとllyに分けて練習する

発音記号の矯正ができたら”really”を以下のように2つのパーツにわけて練習してみましょう。

  • rea (rɪə)
  • lli (li)
rea (rɪə)の発音のコツ
  • 口をすぼめた状態から【rɪ】を発音する
  • 【rɪ】では舌をおくにひっこめた状態で発音する
  • 【ə】で舌を元に戻す
lli (li)の発音のコツ
  • 【l】は舌をしっかりと前歯の裏に当てる
  • 【li】は舌を離すと同時に発音する
  • 【i】は口の形を「エ」にする

reallyの発音で難しいのは【r】から【l】への舌の移動なので、”rea”と”lly”に分ければ発音しやすいはずです。

reallyでつなげて練習する

“rea”と”lly”の発音になれたら”really”とつなげて発音してみましょう。

発音のコツは【r】でひっこめた舌を【l】で一気に前へ移動させることです。

幸い【r】と【l】のあいだに【ə】があるので、【ə】を発音している間にサッと舌を移動させると間に合うと思います。

確認のために自分の発音とサンプルとを聞き比べてみましょう。

reallyの発音(サンプル)

どうでしょうか?かなりうまくreallyを発音できるようになったのではないかと思います。

really以外でも重要となるのが発音記号から練習していくことですので、難しい発音は発音記号1つ1つに分解して練習してみてください。

まとめ・発音の勉強方法

今回は発音するのが意外と難しいreallyについて解説しました。

記事のポイントをまとめると以下のようになります。

  • 【really】はカタカナ発音「リアリー」だと通じない
  • 【really】の発音を聞いただけでは、口や舌といったパーツをどう使うかわからないので正しく発音できない
  • 【really】をうまく発音できるようになるためには↓の4つのステップで練習するとうまくいく
    1. “really”を発音記号に直す:【ˈrɪəli】
    2. 発音記号から練習する
    3. “rea”と”lly”に分けて練習する
    4. “really”でつなげて練習する

reallyの発音を習得するプロセスはほかの単語だけでなく、スピーキングを上達させるのに最も有効な方法です。

日本人の多くはすでに日常会話に十分な英単語と文法をもっていますが、発音ができていないせいでうまくコミュニケーションがとれない人がほとんどです。

これはそもそも発音記号の発音をほとんど習わないせいか、もし習ったとしても不十分なことがほとんどです。

発音記号は英語の発音の最も基本であり、1度できるようになればそれを応用することで単語や英文をうまく発音できるようになります。

詳しい英語の発音を上達させる方法を↓の記事でまとめているので、ぜひ参考に読んでみてください。

英語の会話に発音は必要不可欠です。まずは単語で発音の練習をする前に、発音記号を習得してください。単語は複数の発音記号からできているので、発音記号ができていないとただしく発音できません。しかし発音記号をマスターすれば、後々ネイティブのような発音ができるようになります。

英語の子音の発音方法を詳しくイラストつきで解説しています。僕が学んで実際に使っている発音方法で、海外でのコミュニケーションに使うためのコツと注意するポイントがたくさん書いてあります。この記事を読んで練習していけば子音の発音をネイティブレベルまで向上できるはずです。

英語の母音を日本語の母音にあてはめていませんか?これらはまったくの別物で、どのように発音するか勉強しないとできるようにはなりません。この記事で英語のすべての母音の発音方法をイラスト付きで詳細に解説しています。これを読みながら練習すれば簡単に発音の矯正ができます。サンプルの音を聞きつつ自習してみてください。

英会話で何度言っても相手に通じないもどかしい経験をしたことはありませんか?。その原因はずばり発音にあります。そこで発音矯正のロードマップとして発音記号、シラブル、単語、文という段階を通してネイティブにも1度言うだけで伝わるきれいな発音へと改善する方法をおすすめします。この記事ではシラブルと単語についての解説をしています。

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (29)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。