プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける

takto, 2020 April 14

大学の授業や課題は完ぺきではないにしてもうまくこなせていました。がんばる理由があれば意外とできるもんだな・・・などと少し自分に自信が湧いていました。

しかしその一方で英語のほうは散々でした。時間があるときになるべく独学で勉強を始めましたが、3か月ほどたっても全然上達しないし、そもそも上達していたのかどうかもわからないような状態でした。

その頃の僕は闇雲に参考書や問題集を買ってそれを解いていました。とりあえずたくさん時間をかけて勉強すればきっと上達するはずだと信じていたのです。その結果どうなったかというと

  • まずは単語帳で単語を覚えていこう → 1日に20単語を勉強 → 次の日にはほぼ全て忘れる
  • 文法を勉強してみる → 現在完了・過去完了・未来完了・・・ → 問題を解くだけでおわり、使うべき時に使えなかった
  • リスニングの問題集を買って勉強 → 速くてなかなかついていけない → 問題を解いても一向に上達しない
  • リーディングの勉強 → 3回くらい読まないと意味が分からない → 時間がかかりすぎるし成長を感じられない
  • スピーキング → 話す相手がいないからとりあえず放置して他の勉強をする
  • ライティング → とりあえず大学生向けの教材で練習 → 難しいけどがんばる

「がんばって勉強すればきっと英語がうまくなる。」現実はそう甘くはありませんでした。そうして英語の勉強に挫折し、刻々と時間が過ぎていきました。このままじゃあヤバいとあせりを感じていました。

失敗からの逆転

それからも諦めきれずにしばらく勉強を続けていきました。そうこうしているとき、ふと思ったのです。

「ひょっとしてもっといい勉強方法があるんじゃないか?」

そう思ったが吉日、どうやって英語を勉強すればいいのか調べていきました。ネットにはいろいろな勉強方法があり、いくつか読んでいて納得のいく勉強方法を見つけて、それらを読み込んでいきました。

恥ずかしながら自分がいかに何も考えずにただ闇雲に勉強していたのかよくわかりました。

しかしそれと同時に今度こそ英語を上達させられるかもしれないという希望が生まれてきたのを覚えています。

マインドシフト

1か月ほどいい勉強方法をさがして、いくつか良さそうなものを見つけました。あとはその勉強方法を信じてひたすらに勉強していきました。

このプロセスを経て、それまでの英語の勉強に対する自分の考え方が完全に変わりました。

自分の勉強がいつのまにかテストでいい点を取っるためのものになっていたことに気づいたのです。

自分の目指すもの、それは海外で暮らし、働き、いろんな国からきた人たちと交流しながら毎日を過ごすことです。そのために必要な英語とは何なのかもう一度考え直し、マインドシフトすることができたのです。

それからは必要のないと思っていた発音の勉強に始まり、他の技能の勉強を思考錯誤しながら進めていき、自分の成長を感じながら少しづつ着実に夢へと近づいていることを実感していました。

語学留学で英語に100%集中

そうこうしている間に大学4年生も半分以上が過ぎ、予定していたオーストラリアでの語学留学を開始しました。そこからは英語の勉強に100%集中することができてかなりのスピードで上達することができました。

半年と少し経過したあたりで、目標よりも早く大学院留学に必要なIELTSのAcademicで6.5を達成。しかしあくまでも海外移住・就職というさらに難しい目標があったのでそのまま残りの数か月ほど語学学校に通い続けさらに英語力の向上に努めました。

こうして無事に大学院に入学することができ、それからも大学院での勉強や海外就職活動など多くの苦難が続きましたがなんとかやりとげ、現地の企業に土木エンジニアとして就職することができました。

これとほぼ同時期にオーストラリアの永住ビザも手に入り、無事に海外で生活しエンジニアとして働けるようになったのです。

振り返ってみてわかった英語の上達に必要な事

長い道のりで辛い時もありましたが、自分が学び成長していくことに心から楽しさを感じていました。

英語の勉強はやり方を間違えると全然うまくなりません。そして自分の英語がよくならないと勉強を続けていくのが本当につらくなります。

このブログを読んでくれている人たちには同じような状況にいる人もいるかと思います。そんな人たちに伝えたいのは、英語が上達しないのはあなたのせいではなくて勉強方法が悪いということです。

小手先のテクニックや根性論などでは英語が伸びないということは僕も身をもって知りました。まずは英語を上達させるためのマインドセットをつくる、そして効果が裏付けされた勉強方法にそってひとつずつ着実にこなしていく。これが一番の近道であり、成功するために必要なことでした。

このブログを書く理由

僕は大学生になっても何がしたいかわからず、そのせいで本気になれることがあまりありませんでした。

ようやく見つけたやりたいことのために英語の勉強を始めましたが、挫折を経験し、諦めきれずにもがいていた時期がありました。

もしかしたらこのブログを読んでくれている人も同じような状況にいるのかもしれません。

もしあなたがまだ英語を上達させたい、海外で生活したい・働きたいというような思いがあるなら、その力になりたいと思いこのブログを書くことに決めました。

まだ英語の勉強を諦めていないという人たちの背中を押すことができれば幸いです。

覚悟を決める。人生が本当に変わったのは夢をかなえた時ではなく、夢をかなえる覚悟を決めたときだった。

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (25)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。