k | gの発音のしかた【英語は子音だけで読む】

takto, 2021 February 21

Category: 発音の矯正と練習

  • 「k」と「g」の正しい発音のしかたが知りたい・・・
  • 「ク」「グ」みたいなカタカナ発音になってしまう・・・
  • 「ex-」みたいに音が組み合わさるとうまく発音できなくなる・・・

「k」と「g」は日本人にとっては難しくない音です。なぜなら「カキクケコ」「ガギグゲゴ」の発音のしかたとかなり似てるからです。

しかし実際に英語を話すとなるとカタカナ発音っぽくなってしまったり、他の音とつなげるのが難しかったりします。

この記事ではそんな悩みを解決できるように「k」と「g」の発音のしかたと、とくに練習しておくべき音の組み合わせとコツについて解説していきます。

「k」と「g」の発音のしかた

「k」と「g」は日本語の「ク」と「グ」と同じように舌をはじいて音をだします。

  • 舌を口の奥ではじく
  • 母音を含まずに発音する(ku gu)
  • 「k」は喉を鳴らさないで「g」は鳴らす

まず舌を口の奥・奥歯に当てて(上の図)そのあとに舌を口の奥ではじいて発音する(下の図)。

「k」と「g」はまず舌を口の奥・奥歯に当てる

「k」と「g」は舌を口の奥ではじいて発音

サンプルの単語
音声
key
ki:
guy
gaɪ

よくあるミスは「k + 母音」や「g + 母音」になってしまうことです。

日本語は基本的に「子音+母音」か「母音」で1つの音の単位となっていて「子音」だけで音の1つにはなっていません。しかし英語では子音だけを発音する言語で、日本語にはない「子音+子音」という組みあわせもあります。この違いをはっきりと理解していないことで英語の発音が一向によくならないというのはよくあります。

日本語との違いをまとめると以下のようになります。

  • 「k」:喉を鳴らさない
  • 「ク」:「k」のあとに「ウ」で喉を鳴らす
  • 「g」:喉を鳴らすが音は短く「ウ」には聞こえない
  • 「グ」:「k」のあとに「ウ」で喉を鳴らす

子音だけを発音するということを練習すれば英語の発音全体のレベルが上がります。大事なのはまず発音記号の子音単体で練習してなれることです。

そのあとに母音が含まれている単語で練習するようにしましょう。

難しい音の組み合わせ

「k」と「g」だけなら難しくないかもしれませんが、他の音とつなげようとするとうまくいかないという人もいると思います。

ここではとくに苦手な人が多い「子音+子音」の音の組み合わせでの発音法について解説します。

「k」「g」とよくくっつく音の中で難しいものは以下のとおりです。

音の組み合わせと単語の例
発音のコツ
k + w
  • quick [kwɪk]
  • quiet [ˈkwaɪət]
  • backward [ˈbækwəd]
「k」や「g」を発音すると同時(もしくはそれより先に)「w」の口の形(おちょぼ口で前に突き出す)をつくる。

舌をはじいて「k」や「g」を発音するとともに口を引いて「w」を発音する。

こうすると「kw」の間に母音が入らずにかつスムーズに発音できる。
k + l
  • click [klɪk]
  • clock [klɑːk]
  • pickle [ˈpɪkəl]
g + l
  • glad [glæd]
  • glance [glæns]
  • google [gu:gl]
「k」や「g」を発音すると同時(もしくはそれより先に)舌を「l」の位置におく(前歯の裏・歯茎)。

「k」や「g」を発音したら舌先をはじいて「l」を発音する。

母音が入って「クl」にならずに発音できる。
k + r
  • cream [kri:m]
  • crime [kraɪm]
  • craft [kræft]
g + r
  • grow [groʊ]
  • gram [græm]
  • grammar [ˈgræmər]
「k」や「g」を発音すると同時(もしくはそれより先に)舌を口の奥に引っ込めて舌先を立てて「r」の準備をしておく。

「k」や「g」で舌の奥をはじいたら舌の形とポジションを維持したまま「r」を発音する。

舌の移動をショートカットできる。
k + s
  • expert [ˈekspɜːrt]
  • exchange [ɪksˈtʃeɪndʒ]
  • fix [fɪks]
g + s
  • dogs [dɒːgs]
  • bags [bægs]
  • eggs [egs]
「k」や「g」を発音すると同時に歯を閉じて口を横に広げて「s」の発音をする。

「ス」のように母音を含まないようにする(息をはくだけで喉は鳴らさない)。

「l」や「r」などのとくに舌の位置どりが重要な場合にはあらかじめ必要なポジションに舌を移動させておくとかなり余裕をもって発音できるようになります。

これらの発音記号をまだ矯正していない人は下の記事で先に練習しておきましょう。

英語の【L・R】の発音は舌の位置と声の高さの違いがわかっていないと使い分ける・聞き分けることが困難です。この記事ではLRの違いをはっきりとさせて、自分で正しく発音し、聞き分ける力も伸ばせるように書いています。

【s】と【sh】の発音は口の形でほぼ決まります。この2つの音はカタカナ発音の影響のせいでうまく発音できていない・間違った発音をしている人が多いです。この記事ではとくに似ていると思われている「ス」「シ」【s】【sh】の違いをイラストつきで解説しています。さらに音を間違えやすい単語やほかの音との組み合わせの練習になる単語を紹介しています。

「w」は近いうちに記事にします:)

「k」と「g」を含む単語で発音練習

最後に色々な単語で「k」と「g」の発音を練習していきましょう。

ここではさきほどの音の組み合わせとは違うパターンの単語を準備しておきました。

「k」を含む単語発音記号
catchkætʃ
kingkɪŋ
costkɒːst
leekli:k
steaksteɪk
workerˈwɜːrkər
stickerˈstɪkər
「g」を含む単語発音記号
givegɪv
goalgoʊl
guestgest
mugmʌg
leagueli:g
burgerˈbɜːrɡər
Augustɒːˈɡʌst

やってみるとわかると思いますが、他の発音記号を矯正しておかないと口の形や舌の位置などがよくわからないまま練習することになります。

すると間違った発音のしかたでクセがついてしまうので、まずは発音記号をひと通り矯正してからこういった単語での練習をすることをおすすめします。

具体的な発音の勉強法と手順については下の記事を参考にしてください。

発音の勉強法は発音記号・単語・フレーズ・英文と段階的に進めながらテクニックを学びましょう。英語の発音は「上手く」ないと伝わらない・聞きとれない・英語力が伸びないので、最初に勉強しておきたいところです。

まとめ

この記事では「k」と「g」の発音方法と難しい音の組み合わせのコツを解説しました。内容をまとめると以下のようになります。

  • 「k」と「g」の発音方法
    • 舌を口の奥ではじく
    • 日本語と違い母音を含まずに発音する(ku gu)
    • 「k」は喉を鳴らさないで「g」は鳴らす
  • 「w」「l」「r」「s」は「k」と「g」と組み合わさると発音が難しい
    • コツは「k」と「g」を発音する前にこれらの音のためにあらかじめ口の形を変える・舌を移動させておくこと

まずは発音記号を単体で練習してからほかの音との組み合わせで練習していきましょう。いろいろな組みあわせで練習していくことで、スポーツのように自然と口や舌が動くようになっていくはずです:)

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (29)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。