wの発音のしかた【口を前に出してから引く】

takto, 2021 February 23

Category: 発音の矯正と練習

  • 「w」とカタカナの「ワ」は発音のしかたが違う?
  • 「what」は「ホワット」でいいの?
  • もっと英語っぽく発音するにはどうすればいいの?

英語の発音では「w」という発音記号がありますが、この音をうまく発音出来ている人は実は多くありません。

理由は簡単で「どう発音するか」を知らないから、もっというと「口の形と動き」を知らないからです。なので日本語の「ワ」のように口を縦に開けて発音するので、結果的にカタカナ発音になってしまいます。

この記事ではどうやって「w」を発音すればいいのか図を使って解説します。カタカナ発音にならないためのコツも書いていくので参考にして練習してみてください。

「w」の発音のしかた

「w」の発音のしかたは「予備動作」と「発音動作」の2ステップで考えるとわかりやすいです。

  1. 口をおちょぼ口にして前に突きだす(まだ発音しない)
  2. 口を引きながら音をだす(母音を入れて「ワ」にならないように注意)

口の動きを横から見ると下の図のようになります(上の図が1の動作で下の図が2の動作)。

「w」の準備動作

「w」の発音動作

サンプルの単語音声
want [wɒːnt]

予備動作の口の形がアレなので恥ずかしいと感じるかもしれませんが、ネイティブにとってはこれが普通なので気にしてるのはあなただけです安心してください。

大げさなくらいしっかりと口を前に突きだすことと、母音を含まずに発音することでカタカナ発音から一瞬で脱却できるはずです。

「w」の発音のコツとダメパターン

「w」の発音のしかたでよくあるダメパターンと、それらを防ぐための発音のコツを下にまとめました。

自分の発音がダメパターンに当てはまっていないか確認して修正してみてください。

ダメパターン
うまく発音するコツ
日本語の「ワ」のように口を縦に開けるだけだとアウト。英語の「w」は口を前後に動かす感じ。大げさなくらいに口を前に突きだしてから発音してみてください。
「what」などで「ホワット」みたいに「h」を入れるのはアウト。「wh」は「w」と同じ発音。予備動作(おちょぼ口で前に突き出すとき)では音を出さないので「ゥ」のような音は基本的に出ないはずです。
わざとらしく「ゥワ」のように「ゥ」の音をだすのはアウト。上と同じ。
「w」のアルファベット読みを「ダブリュー」と発音するのはアウト。発音記号に直す「dɑbrju:」。これらを1つづつ正しい発音のしかたで読んでつなげる。

とくに今までカタカナ発音をしていたら何がおかしいのか気づくのが難しいです。なので今一度自分がどう発音しているのか確認しておきましょう。

「w」を含む単語で練習

最後に「w」を含んだ単語を使って練習してみましょう。

発音のコツも書いているので参考にしながら練習してみてください。

「wh」のつく単語
発音記号
what
[wɑːt]
口を前に突きだしてから引いて縦に大きく開けて「wɑː」。「t」は舌を前歯の裏・歯茎ではじく。(「t」発音の記事参照)
why
[waɪ]
「what」と同じ要領で「ɪ」で「エ」のような口の形で発音する。(「ɪ i:」発音の記事を参照)
which
[wɪtʃ]
口を前に突きだしてから引いて「w」そして「ɪ」から「tʃ」のためのアヒル口+歯を閉じ+舌をはじいて発音(ムズイので詳しくは「tʃ dʒ」発音の記事参照)
where
[weə]
口を前に突きだしてから引いて「w」、「e」の口の形(「ィ」の形)で発音してから「ə」を発音(口を自然に開けてはっきりしない「ア」の音)。(「ə ɜ: ɜ:r」発音の記事を参照)
when
[wen]
「where」と同じ要領で「n」で舌を前歯の裏・歯茎にべったりつけてそのまま発音する(舌は離さないでつけっぱなし。(「m n ŋ」発音の記事参照)
「s + w」のつく単語
発音記号
sweet
[swiːt]
ムズイです。まず口を「s」のために横に広げて発音。そこから「w」のために一気に口を前に突き出してからすぐに引いて「w」を発音。「i:」で伸ばしてから「t」でしっかりと舌を前歯の裏・歯茎ではじく(「s sh」発音の記事参照)
swim
[swɪm]
「sweet」と同じ要領だけど「ɪ」は短く「m」で口を強めに閉じて発音(口は閉じたまま。「m n ŋ」発音の記事参照))
sweat
[swet]
「sweet」の「i:」を「e」にして発音。(「e」発音の記事を参照)
「k + w」のつく単語
発音記号
quit
[kwɪt]
「k」を舌を口の奥ではじいてからすばやく「wɪt」を発音。「k」を発音する前にあらかじめ口を前に突きだして「w」の準備をしておくと楽。
quiet
[kwaɪət]
「quit」と同じ要領だけど「w」のあと口を大きく縦に開けて「aɪ」へとつなげる。
question
[kwestʃən]
実はかなりムズイです。まず「kwes」だけを発音して練習。そして「tʃən」だけを練習。慣れたら組み合わせて練習する。「s」は口を横に広げて発音して「tʃən」は口を前に突き出してから引いて発音。「ə」はムシしてOKで「n」でしっかりと舌を前歯の裏・歯茎につけて離さずに発音する。(「ə ɜ: ɜ:r」発音の記事を参照)

どうでしょう?

なんか微妙だと感じたら「w」でしっかりと口を前に突きだしているか再度確認してください。それさえできれば「w」の音はかなりきれいな音になるはずです。

もし「w」以外の音がうまくできない場合にはそれらの発音記号も同じように矯正する必要があります。まずはひと通り発音記号を矯正してそれから単語で練習していきましょう。

まとめ

この記事では「w」の発音記号の読み方について解説しました。内容をまとめると以下のようになります。

  • 「w」は2ステップで発音する
    1. 予備動作:口をおちょぼ口にして前に突きだす(まだ発音しない)
    2. 発音動作:口を引きながら音をだす (母音を入れて「ワ」にならないように注意)

単語となるとかなり難易度が上がってしまうので、まずは発音記号をひと通り矯正していくことをおすすめします。

英語の発音の勉強法については下の記事で手順を紹介しているので興味があれば読んでみてください。

発音の勉強法は発音記号・単語・フレーズ・英文と段階的に進めながらテクニックを学びましょう。英語の発音は「上手く」ないと伝わらない・聞きとれない・英語力が伸びないので、最初に勉強しておきたいところです。

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (25)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。