「使える英語」ではなく「使うための英語」を習得し海外で第2の人生を歩む

Welcome to takto-explorer!

英語の勉強法について情報発信していますtaktoです。当サイトにお越しいただきありがとうございます!

僕は「いろいろな国に住む・働くことで自分が知らない世界を見てみたい」と思い大学生の頃から本気で英語を勉強しはじめました。そして今では念願かなってオーストラリアやイギリスでエンジニアとして働いて、毎日英語で生活しながら様々なバックグラウンドをもった人たちと時間を共にしています。

ここまで長く険しい道のりでしたが、英語学習においてはその人の勉強法によって結果が天と地ほど差がついてしまうということを身をもって経験しました。

ほかの日本人、とくに英語を勉強している人たちと勉強のしかたについて話す機会があり、このブログでも紹介している勉強法をいくつか紹介したところ、「早速今日から試してみる」や「実際にやってみたけど効果あったよ」といった反応をもらえました。なのでもっと多くの人に向けて発信しようと決めてこのブログをはじめることにしました。

個人的な見解や経験にももとづいていますが、このブログでは同じように海外に住みたい・働きたい、そしてそれに必要な英語力をつけたい、という人へ「使うための英語」を鍛えていくための勉強法を紹介しています。

「英語の勉強はツラい」

このサイトにたどり着いたということは、あなたも何らかの形で英語を使って人生を変えたいと思っている、そしてそのために英語の勉強をしているのだと思います。

しかし英語の勉強は困難で、不安やストレスが常につきまといます。

  • 勉強してたくさんの単語や文法を学んだけど、いざ英会話となると全然言葉が浮かばない
  • 知っている言葉なのに相手の言っていることが聞きとれない
  • 英語で映画を見たり新聞を読めるようになりたいのに難しすぎて楽しめない

こんな経験はしょっちゅうあると思います。そして毎日のように勉強をしているのになかなか成果がでない・上達を感じないせいでやる気がなくなったり、「自分に英語はムリかも」と自信を失くしてしまう人もいます。

実をいうと僕は大学生で英語の学び直しを始めたときに壁にぶち当たり1度挫折しました。

当時の僕はとりあえず単語帳や文法書、そして英語の問題集などを買って毎日それらを読んで問題を解いていきましたが、3か月ほどたってもほとんど英語力が伸びず、何度勉強してもすぐに忘れて学び直す、を繰り返していました。

そしてこのままではダメだと思い、勉強の方向性や戦略を何も考えずにはじめてしまった勉強を一度辞めて、どう勉強していけばいいかリサーチを始めました。

転機は勉強法の見直し

1か月ほど英語の勉強法をいろいろな本やサイトで調べ、これなら英語ができるようになると納得のいく方法を見つけ、それをベースにしてさらに試行錯誤しながら英語の勉強を進めていきました。

結果的に一度立ち止まって勉強法を見直すことが英語力の上達への大きな転換点となりました。

勉強法を知っているか知らないかで相当な差が出て、成功するか失敗するかを分けることになったのです。

このブログが目指していること

このブログでは僕が実践して効果があった勉強法を紹介して、あなたの英語学習のヒントにしてもらいたいと思っています。

僕が紹介していく勉強法は主に英語脳・表現力・発音・スキルのバランスを重視しています。

  • 英語脳とは、英語のまま日本語に訳さずに理解する、そして英語で考えそのまま英語で話したり書いたりできること
  • 表現力とは、今の自分がもっている英語力で意思疎通できるスキル

なぜこれらを重視しているのかというと、英語力の本質はここにあると思うからです。結局のところ、程度は違えど言葉が出てこない・わからないということは生活していく中でよくおこります。しかしそのときの限られた英語力で言いたいことを相手に伝える・もしくは相手の言うことを理解できるようにすることで、ネイティブレベルとまではいかなくとも十分に英語を使って人生を変えていくことができます。

そのためには、英語脳と表現力を鍛えていく必要があり、なおかつ発音を矯正し、4つの技能(聞く・話す・読む・書く)をバランスよくできるようにする必要があります。

逆に知識(知っている単語や文法などの数)・記憶力(暗記する能力)・翻訳(日本語を使うことで高度な内容を扱う)といったことは重要視していません。

なぜなら暗記に頼るとすぐに忘れてしまったり言葉がでてこない時に対応できないなど、学習効率が悪くコミュニケーションに必要なスキルが養われないからです。さらに日本語訳に頼っている限り英語脳ができないため、コミュニケーションのスピードについていけなかったり、意味が伝わらないおかしな表現が染みついてしまうことも問題です。

こうした勉強法について紹介していきますが、1つ伝えておきたいことは英語を好き・得意である必要はない、ということです。僕はもともと英語は好きじゃないし得意でもありませんでしたが、海外で暮らしたり働くために必要だからしかたなく勉強することにしました。しかし自分の英語力の伸びを実感するたびにうれしくなって、英語自体も段々と好きになっていきました。今でも英語が大好き、というわけではないですが、やはり新しい表現を使えたりうまくコミュニケーションができたらうれしく感じます。

なのでもしあなたが英語が好きじゃなかったり苦手に感じていたとしても、ちゃんと上達させることができるので心配はいりません。大事なのは効果的な勉強法と英語を使ってしたいことあある、ということです。このあたりも記事に書いていくので、参考にしつつあなたの英語学習の糧にしてもらえるとうれしいかぎりです。

もし英語の勉強法や海外での生活・仕事など質問があれば気軽に質問してください。


英語の勉強法まとめ記事一覧

英語学習全体の流れ

英語学習ロードマップ

いくら英語が得意だとしても語学の習得には長い期間が必要です。そして効率よく英語の学習を進めるためには、体系的に学習ステップを用意し、段階的に英語力の成長を体感していくことが重要だと思っています。そのための英語の勉強法をロードマップとして記事にまとめました。

英語の基礎力UP

発音の矯正と練習 文法を上達させる 英単語の勉強方法

基礎力として発音・文法・単語の勉強についての解説をしてます。基本的な方針としてはまず発音を上達させる、そして文法を英語で勉強しながら単語は他の勉強のついでにしていく、というアプローチです。

応用力UP

リスニングの勉強方法 スピーキングの勉強方法 リーディングの勉強方法 ライティングの勉強方法

文法の勉強を始めたあたりから英語を使ったコミュニケーション力を高めるための勉強をバランスよく行っていくと効率よく上達していけます。ポイントとしては「英語の教材を使う」「英語のまま理解できるレベルから始める」です。


最新の記事一覧

絶望を英語で表現する5つの単語とフレーズ【英会話でも役立つ】

June 13, 2020


絶望を英語で一言でいうのであればhopeless, despair, depressed, などの単語がありますが、フレーズにして表現することもできます。「英語が絶望的にできない」と英語ではどう言うんだろう?と思っている人へ、「絶望した心境」や「絶望的にひどい」という状況の言い方を紹介しています。


仮定法の文法を理解すれば「本気なのかただの願望なのか」がわかる

June 13, 2020


英語の文法でも仮定法を苦手にしている人は多いですが、文法的には時制を過去にするだけでできます。「もし~だったら~するのに」という、現実には起きない願望を表現するためにわざと過去形や過去完了をつかってわかりやすくするというイメージです。このルールさえわかれば「本気なのかただの願望なのか」がわかるようになります。


比較のための英語の文法を整理して正しく使い分ける。基本が大事。

June 11, 2020


英語で「~よりも~」という比較をした表現をするためには、比較級という文法を使います。比較級の基礎は形容詞にerをつけたりmoreやlessをつけることで、何かと比べるよいう方法です。それ以外にも「どの程度~」なのかという程度を含んだ比較の文法もよく使われます。この記事ではこれらの低く級の基礎を重点的に復習できるように解説していきます。


本質から理解できる3つの【have】を使った文法を使いこなそう

June 9, 2020


haveは英語で最もよく使われる単語の1つですが、文法においては完了形・使役・~しないといけないという3つの重要な表現をつくるのに使われます。これらの使い方を説明するとともに、本質的な意味を解説していくことで過去形やmustなどとの違いを理解して使いこなせるようになります。


thatの文法的な使い分け4つをわかりやすく解説

June 7, 2020


「that」の文法的な意味は混乱しやすいです。この記事では4つの重要な使い方である指示代名詞「あの・その」・関係代名詞「~な~」・強調構文「~だと~される」・比較「~くらい~」、について解説します。


基礎だけど深い【~ing】文法をおさらいして正しく使い分けよう

June 6, 2020


~ingの文法は現在進行形などの「~している」という意味・・・だけではあありません。他にも未来形「~するつもり」や動名詞「~すること」といった文法の表現にも頻繁に使われます。これらの使い方を復習するとともに、間違いやすい現在形との意味の違い・willを使った未来形との違いなども解説していきます。


makeによる使役の文法表現のしかた~letとの違いを添えて~

June 5, 2020


makeには色々な意味がありますが文法的にわかりにくいのは「~させる」という使役の表現だと思います。基本の構文は2つでmake someone/something + 動詞 + 目的語、もしくはmake someone/something + 形容詞です。これらの意味と使い方を例文とともに解説し、最後にletとの違いについても書いてます。


as ~ as文法の解説とニュアンスについて説明

June 4, 2020


as as構文はいわゆる比較の表現の一つです。as fast as horseだとウマみたいに速いと言う意味になり、similarly fast to horseと同じ意味になります。他にもいろいろな形容詞との使い方があり、細かいニュアンスの違いもあるので、そのあたりの解説をしていきたいと思います。


文法の違いを解説【as long as】と【as far as】

June 3, 2020


まぎらわしい文法の1つがas long as asとfar asです。簡潔に言うとas long as = if(条件)で、as far as = limit of(範囲)です。as far as I know(知っている限りでは)など、自信がないときや確証がないときに使います。記事内では簡単な例文とともにさらに詳しい解説をしています。


【1度でネイティブに伝わる】単語の発音を手に入れる方法

June 2, 2020


英会話で何度言っても相手に通じないもどかしい経験をしたことはありませんか?。その原因はずばり発音にあります。そこで発音矯正のロードマップとして発音記号、シラブル、単語、文という段階を通してネイティブにも1度言うだけで伝わるきれいな発音へと改善する方法をおすすめします。この記事ではシラブルと単語についての解説をしています。


Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (29)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。