Posts

海外で就職したいという高い目標を持っている人が知っておくべき本質的な英語力とそのための勉強方法について書いています。英語学習・海外就活・海外勤務というリアルな経験をもとにして書いていくので参考になるはずです。

 
 

海外就職のためには英語での履歴書が必要ですが、単に日本語の履歴書を英訳しても結果はでないでしょう。この記事では英語圏における履歴書の書き方・アピールのしかた・暗黙のルールについて解説していきます。

 
 

LinkedInを始めたばかりの人に「人脈ネットワークをひろげる」「スキルを承認してもらう」「求人から情報収集する」の3つの方法で海外就職の可能性を上げていく方法について解説します。

 
 

海外就職を目指しているのであればLinkedInを使わないという選択肢はないでしょう。この記事ではLinkedInが重要である理由・アカウント開設方法・プロフィール設定方法について書いていきます

 
 

新卒だけどオーストラリアで就職したい・・・でもそんなことできるのかわからないという人へ、僕の経験からアドバイスできることをまとめました。オーストラリア新卒就職に必要なこと、ソフトスキルと考え方について紹介しているので参考にしてくれると嬉しいです。

 
 

オーストラリアでのエンジニアの待遇はよく、高い給料に残業が少なく有休も好きなときにとれるというのが一般的です。しかし必要となることも多く一筋縄ではいかないのも事実です。この記事では僕自身の経験をもとにして参考になりそうな情報を紹介していきます。

 
 

学歴が低くてもオーストラリアで就職できるのか気になる人は多いと思います。この記事では現地で就職した僕の就活・転職・採用の経験をもとにして、「学位」「大学のネームバリュー」「日本の学歴」「成績」という視点で学歴の重要性について解説していきます。

 
 

オーストラリアでの就活は日本とは勝手が違うことが多く、知らないとそれでけでかなり不利になってしまいます。僕のこれまでの現地での就活経験を元に何をどうすれば仕事をゲットできるのか解説していきます。

 
 

英語の「ɔ:」と「ɔ:r」という発音記号は重要な母音ですがうまく発音できていない人も多いです。この記事では肝となる口と舌の型を図解してきれいに発音するコツを解説していきます。

 
 

「ʌ」は英語の母音の1つでよく日本語の「ア」を短く発音した音と言われます。大体あってますが「ʌ」は口の形も意識して行うとよりきれいな音になります。

 
 

「ə」「ɜ:」「ɜ:r」の3つは日本人があまり理解していないもしくはうまく発音できない音として有名です。この記事ではこれらの発音のしかたを図解して、さらに「ə」の英語の発音における役割について解説していきます。

 
 

英語の発音記号である「e」は日本語の「エ」とは違って口を横に広げて発音します。これによって音が少し変わって英語の音へと変化します。

 
 

「h」の発音は口を自然に開けて母音を含まないように息をはくだけできれいな音にできます。この記事では具体的な発音のしかたと気を付ける点を解説していきます。

 
 

「j」の発音は「ヤユヨ」と同じように発音する人がほとんどです。この記事ではそれらとの違いをはっきりとさせながら発音のしかたを解説して練習できるように書いています。

 
 

「ɪ」と「i:」の発音は日本語の「イ」のように横に広げずに「エ」のような形で発音することでより英語の音に近づきます。維持の中で図や音声をつけて解説するので参考にしてみてください。

 
 

「ʊ」と「u:」は日本語の「ウ」のように発音している人がほとんどです。しかしこれらは口をおちょぼ口のようにしないと英語の音にはなりません。この記事でわかりやすいように図を使って解説します。

 
 

「w」は発音記号として読むと「ワ」のように読む人が多いですが、口を縦に開けて出す音ではありません。口を縦に開けるのは「ア」という母音のためです。この記事では正しい口の形と動きを図を使って解説します。

 
 

「k」と「g」は母音を含まないように発音すれば割と簡単な音です。しかし他の音と組み合わせたときにうまく発音できない人もいるかと思います。なのでこの記事ではとくに難しい音の組みあわせの発音方法とコツを解説します。

 
 

「tʃ」と「dʒ」は口・舌・歯を正しく使わないときれいな発音にはなりません。とくに日本語の「チ」と「ヂ」とは明らかな違いがあり、混同しないようにわかりやすく図を使って解説していきます。

 
 

「m」「n」「ŋ」が全部同じ音に聞こえるという人がいると思いますが、それは自分がこれらの発音のしかたをわかっていないことが原因かもしれません。この記事ではこれら3つの発音のしかたと違いを図解しながら解説します。

 
 

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (25)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。