【how about ~?】の使い方を解説:似た文法3つと比較

takto, 2020 June 29

Category: 文法を上達させる

  • 「”How about ~?“ってどういう意味なの?」
  • 「”How about ~?“の~には何を入れればいいの?」

この記事ではこういった疑問に答えていきます。

その結果、以下の3つのポイントをおさえることができます。

  • 「How about ~?」の意味と使い方がわかる
  • 「How about ~?」と似ている文法を知り、違いがわかる
  • 「How about ~?」の言い回しをいくつか覚えられる

それでは始めていきましょう:)

「how about ~」の意味

「how about ~?」で「~はどう?」とか「~はどう思う?」という意味になります。

本質的な意味は以下のとおりです。

  • 他の何かを提案する・質問する
  • 他の何かが含まれているか質問する

たとえば以下のような会話で使われます。

A: I just missed a train.

B: How about catching a bus?(バスを使ったらどうか提案している)

A: I like dog.

B: How about cat?(好きなものに猫も含まれているか聞いている)

このように「How about ~?」は提案や質問する場合に使い、とくに相手が何か言ったときの返事や反応として使うことが多いです。

「how about」の文法

「how about」には主に以下の2つの構文があります。

  • how about + something(名詞)/ doing something(動名詞)

~はどう?」の~を名詞や動名詞で埋める

  • how about + someone does something

~が~するのはどう?」という完成した文をつける

この2つを状況に応じて使い分けます。たとえば

A: How are you?

B: I’m good, thank you. How about you? (how about + someone)

A: I can speak English.

B: How about Japanese? (how about + something)

A: I hope he can drive for me.

B: How about you drive for him?

A: This new phone looks very cool.

B: How about you buy it?

ここまでみてきて”how about ~“って文法的におかしくない?と思ったかもしれません。

この違和感についても解説しておきます。

how about~は文法的におかしい?

“how about something?“は文法として変に感じませんか?主語とか動詞がないですからね。

もしそう思ったならその感覚は正しいです。

“how about something”は実は省略した表現です。省略しないとどうなるかというと:

  • How (do you think) about ~ ?
  • How (do you feel) about ~ ?

このようになります。主語、動詞、時制などはそのときの文脈によって変わりますが、”how about ~“ならそのへんを気にしなくて使えるので便利ですね。

同じように”how about someone does something?“も変な感じがしますね。aboutのあとに完全な文がつくのはおかしいのでは?

これも省略していることが原因です。実際には以下のように

  • how about (if) someone does something?
  • how about (that) someone does something?

というようにifやthatを省略していいます。

「How about ~?」は口語の表現なので細かい文法よりもそういうものと覚えたほうがいいかもです。

「how about」に似ている文法

ここでは「how about」に似ている文法とその違いについて解説します。

紹介する文法はつぎの3つです。

  1. what about ~?
  2. How is ~?
  3. Why don’t you ~?

これらの表現との違いが分かれば、より的確に”how about ~“を使うことができるようになります。

それでは1つずつみていきましょう。

「what about ~」との違い

「how about ~」とかなり似てますが「what about ~」はどちらかというと

  • 他の課題や問題について提案・質問する
  • 他にするべきことについて提案・質問する

という使われ方をします。

たとえば

A: Okay, I’ve finished my English homework.(よし、英語の宿題終わったよ。)

B: Great. What about math?(いいね。で、数学は?)

結構微妙な違いなのでわかりにくいと思います。

実際”how about ~“を使っても間違いとは言い切れないと思います。

ですが、何かするべきことがいくつかある場合には”what about ~“でほかの課題について質問するほうが自然に聞こえる、という感じです。

「how is ~」との違い

How isは単純に「~はどう?」とか「~をどう思う?」という意味で:

  • いくつかの選択肢があるわけではない
  • いきなり相手に質問できるし、聞き返すときにも使える

という点が”how about ~“との違いです。

たとえば会話の最初に

  • How are you?と自分から聞けるが
  • How about you?とは言わない。

逆に

  • How are you?と聞かれて
  • I’m fine. How about you?と聞き返すことができる。(How are you?と言うこともできる)

「why don’t you ~」との違い

「why don’t you ~」は「how about ~」ほぼ同じ意味ですが、「なんで~しないんだろう?」という疑問をもっているときに、相手に提案するという使い方をします。

また「why don’t you ~」は文法の構文が限られていて:

Why don’t you do somethingと完全な文をつける必要があります。

この2点の違いを踏まえて↓の例をみてみましょう。

A: Jeez… this coffee is too bitter for me.

B: Why don’t you put some sugar in it?(砂糖入れればええやん?ーなんでムリして飲んでるんだ?)

【how about】を使った言い回し

最後に”how about”を使った言い回しを紹介していきます。

とくに英会話で使えるものが多いので、実際に使っていけば”how about”文法をすぐに覚えることができるはずです。

~マーケットで買い物中~

Friend: Hm, this cheese looks yummy…

You: Hey, how about this one?

~スマホについての会話~

Friend: What is your phone?

You: iPhone. How about yours?

~店のレジでの支払い~

Casher: Sorry you cannot pay by cash.

You: Oh, how about paying by card / How about card?

~飛行機の機内食~

CA: Sorry beef is not available anymore.

You: Okay, how about chicken?

~料理するのがめんどくさいとき~

House mate: Should we cook tonight?

You: Well, how about eating out?

ここで紹介した使い方はただの例なので、もちろんもっといろんなことについて”how about”文法を使うことができます。

自分のオリジナルの文を考えてどんどん練習していきましょう:)

「how about ~」:まとめ

今回は「how about ~」の文法について解説しました。

「how about」の構文には以下のパターンがあります。

  • how about + something(名詞)/ doing something(動名詞)
  • how about + someone does something

「how about」の意味と使い方をまとめると以下のようになります。

  • 「~はどう?」と、他のことについて提案・質問する
  • 「~はどう?」と、他の何かが含まれているか質問する
  • 相手に聞き返すときにしか使わない

また、「how about」に似た文法とそのその違いを↓にまとめました。

文法意味の違い
how about ~?何かを提案する・何かが含まれているか質問する
What about ~?他にするべきことについて質問する
How is ~?聞き返すときには使わない
Why don’t you ~?なぜ~しないんだろう?という疑問があるときに質問する

これで「how about ~」の文法を自信をもって使えるようになると思います。

あとは英会話で練習していけば慣れて自然と文をつくれるようになれば完璧です。

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (25)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。