How muchの文法で量と値段の2つの意味を使いわけよう

takto, 2020 July 2

Category: 文法を上達させる

「”How much ~“ってどういったものに対して使えるの?」

「”How much “を使ってどうやって文をつくるの?」

「”How much ~“で何を聞かれているのかわからなくなる・・・」

この記事はこうした”How much”の文法について知りたい人に向けた内容になっています。

具体的には以下のポイントをおさえられるように書いています。

  • How muchを使った文の意味と使い方
  • How muchの文法を使えるもの・対象はなにか
  • How muchを使えない場合とそのときの対処法

How much文法のルールを理解すれば使い分けができます

【how much】文法の意味と使い方

タイトルですでにネタバレしていますが、How much ~には2つの意味があります。

  1. How much + もの:「どのくらいの~」というについての質問
  2. How much + is + もの:「~はいくら?」という値段についての質問

この2つを使い分けるには、How muchのあとに”be動詞”があるかどうかで判断できます。

2つの意味を混同しないためにも、まずは量に関する文法を解説して、そのあとに値段に関する文法をみていきます。

【how much + もの】で量について表現する文法

How much “water”などの対象を入れることで「いくらの(どれくらいの)水」という意味になります。

たとえば以下のようなものです。

  • how much food (どれくらいの食べ物)
  • how much salt(どれくらいの塩)
  • how much money(どれくらいのお金)
  • how much pain(どれくらいの痛み)
  • how much knowledge(どれくらいの知識)

How much + もので意味の塊になっていることがわかると思います。

でもこれだと文が完成してませんよね。(how much food=どれくらいの食べ物・・・が欲しい?を食べれる?)

なので主語と動詞を付け加えて疑問文を完成させましょう。

  • How much food do you want?
  • How much salt do you take in a day?
  • How much money can I borrow?
  • How much pain did you feel?
  • How much knowledge do I need?

このように【How much + もの】のあとに主語と動詞がつけば何を質問しているのかはっきりしますね。

ただし英会話では主語と動詞、さらには「もの」を省略できるときもあります。

たとえば

I don’t have much money right now.

に対する返答は↓の3つのどれを使ってもOKです。

  • How much money do you have?
  • How much money?
  • How much?

相手が何について訊かれているかわかれば一語一句言う必要はない、ということですね。このあたりは日本語と一緒です:)

How muchとその対象で意味の塊になります

【how much + もの】文法を使える対象

【how much + もの】で質問できるものは数えることができない(uncountable)ものです。

数えることができないものには以下のようなものがあります。

  • 気体のもの:air, oxygen, gas
  • 液体のもの:water, juice, beer, coffee
  • 何かのグループ:fashion, food, software
  • 素材や食べ物:cheese, meat, wood, iron
  • 概念や考え:knowledge, money, safety, correctness
  • 感情や気持ち:anger, sadness, embarrassment

これらに対して、「いくつ」という数を尋ねることができないのは感覚的にわかると思います。

いくつかの例文でHow muchとHow manyで比較してみましょう。

How much gas have we used this month?

How many gasとは言えない)

How much meat do you want to buy?

How many meatとは言えない)

How much education should I provide to my children?

How many educationとは言えない)

こういった数えることができないものにHow manyを使うと変な感じがすると思います。

(というかそういった違和感を感じるようになれば、英語を英語のまま理解しようとしているいいサインです。)

【how much + もの】文法への答え方

つぎに【how much + もの】での質問への答え方をみていきましょう。

そしてhow much ~?で質問されたら、抽象的な量で答えることができます。

いくつかのhow much文法を使った質問とそれに対する答えの例を書いていきます。

How much effort do i need to pass the next exam?

I guess not much. I heard the exam will be pretty easy.

How much interest does she have in joining our team?

She’s very interested.

How much time did you spend for shopping?

Just a little. About an hour, I think.

How much trouble did you go through when you lost your phone?

I had to get over so much trouble.

How much fun did you guys have last night?

A lot. It was one of the best nights in my life.

How much difference do you find between Japanese and English?

There is quite a lot of difference.

How muchは数えられないものについての質問なので、正確な量を答えられる機会が少ないような気がします。

ある程度の量に関する言い方(very much, a lot, some, just a littleなど)を覚えておけばうまく返答できるようになります。

【how much + もの】文法を使えないもの

つぎに【how much】文法を使えない対象について解説します。

【how much】で扱えないものは「数えることができる(countable)もの」です。

ルールとしては以下のようなものに対しては【how much】ではなく【how many】を使います。

  • “s”をつける複数形のもの:cars, bags, jobs, oranges
  • 特殊な複数形のもの:people, children, men, women, mice

【How many】の文法については↓の記事にて詳しく解説しているので参考にどうぞ。

How manyを使った文法は「いくつの~?」というように何かの数や量について質問するときに使います。How manyを使える対象は数えることができるものに限られますが、そうでないものでも使えるようにする方法があります。この記事ではhow manyの意味・文法・how manyを使える対象についてhow muchとの違いも含めて説明します。

How muchを使えるかどうかは数えられるかどうかで判断です

【how much + is + もの】で値段について表現する文法

ここでは【how much】のもう一つの文法表現である【how much + is + もの】について解説します。

「どれくらいの~」という量に関する疑問とは違って、how muchのあとに”be動詞”をつけることで「いくら?」という値段をきけるようになります。

いくつか例文を見てみましょう。

How much is this banana?

5 dollars.

How much was your phone?

It was about two hundred dollars.

How much is an hourly rate of your job?

Just over 30 bucks per hour.

How much are those shoes?

Fifty dollars after the discount.

値段を尋ねるときには【how much】とその「対象」の間に「be動詞」が入るのでわかりやすいと思います。

【how much】の文法:まとめ

今回は【how much】の文法でできる2つのパターンを紹介しました。

これらをまとめると以下のようになります。

  1. 【How much + もの】:「どのくらいの~」という量についての質問になる
    • 【How much + もの】では、数えることができない(uncountable)もののを質問できる
    • 数えられる(countable)ものは【How many + もの】を使う
  2. How much + is + もの:「~はいくら?」という値段についての質問になる

【how much】文法で量を聞かれているのか、値段を聞かれているのかは

  • “How much something” ~
  • “How much is” something

と、how muchの後に対象となるものが来るか”be動詞”が来るかで判断すれば問題なく対処できると思います。

実際の英会話では話の内容や流れなんかもあるので混乱することは少ないかと思います。

あとは自分からこの2つの【how much】文法の意味を使いこなせるように練習していきましょう。

How muchの2つの意味を使いこなしていきましょう

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (25)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。