ʊ | u:の発音のしかた【口の形で音が決まる】

takto, 2021 February 24

Category: 発音の矯正と練習

  • 「ʊ」と「u:」と「ウ」の違い
  • 「ʊ」と「u:」を発音するための口の形
  • スペルからの「ʊ」と「u:」の判断

この記事ではこれらについて解説していきます。あまり苦手にしている人はいない印象ですが、日本語の「ウ」のようにして発音している人が多いです。

口の形が大切な音なので図を使いながら簡潔に解説します。発音の矯正をしたいと思っている人の参考になるはずです。

「ʊ」と「u:」の発音のしかた

「ʊ」と「u:」は日本語の「ウ」と音が似てますが口の形が違います。

  1. 口を軽いおちょぼ口にする
  2. その状態で「ʊ」は短めに「u:」は伸ばして音をだす

単語の例
音声
put [pʊt]
cool [ku:l]

「ʊ」と「u:」の口の形は同じで大丈夫です。音を伸ばすかどうかで使い分けましょう。

日本語の「ウ」ではおちょぼ口にしないし口を少し前にだすこともしないと思います。英語の「ʊ」と「u:」はこの口の形をつくることでより英語らしい音になります。

「ʊ」と「u:」の音は「ウ」の意識で問題ありません。ただ口の形が違うので結果的に少し違う音になると思います。意識して違う音にする必要はないので、おちょぼ口で前にだして「ウ」という発音のしかたで十分きれいな音になるはずです。

「ʊ」と「u:」を単語で練習

発音記号での発音ができるようになったら単語で練習してみましょう。

下の表に「ʊ」と「u:」を含む単語と発音のコツを」まとめたので参考にしてみてください。

「ʊ」を含む単語発音のコツ
foot
[fʊt]
「f」でしかりと前歯を下唇につけて「ʊ」で口を前に出しておちょぼ口にする。最後に「t」でしっかりと舌を前歯の裏・歯茎ではじいて発音する。(「t」発音の記事参照)
good
[gʊd]
「g」で舌を口の奥ではじき「ʊ」をおちょぼ口にして発音。最後は「t」と同じように舌をはじいて「d」を発音する。(はじめからおちょぼ口にしておくのもあり)。(「k g」発音の記事参照)
book
[bʊk]
「b」は唇を」少し強めに閉じてからはじいて「ʊ」をおちょぼ口で発音する(「b」を口を閉じたおちょぼ口で発音すると読みやすい)。「k」は舌を口の奥ではじいて音をだす。(「p b」発音の記事参照)
educate
[ˈedjʊkeɪt]
「e」は口を横に広げて発音し「djʊ」をおちょぼ口で舌を前歯の裏・歯茎ではじく(「y」の音を入れる)。「keɪt」は舌を口の奥ではじいて口を横に広げて「e」少し元に戻して「ɪ」さいごに舌を前歯の裏・歯茎ではじいて「t」。ムズイので単語を「edu」「cate」と分解して練習してからくっつけて発音してみるといいです。「e」発音の記事を参照
「u:」を含む単語発音のコツ
food
[fu:d]
「f」で前歯を下唇につけてから「u:」のおちょぼ口にして音を伸ばす。最後に「d」で舌を前歯の裏・歯茎ではじいて発音する。
moon
[mu:n]
「m」は唇と少し強めに閉じて「u:」のおちょぼ口へとつなげて音を伸ばす。「n」で「d」と同じように舌を前歯の裏・歯茎につけて発音(ただし舌はつけっぱなしにする)。(「m n ŋ」発音の記事参照)
rude
[ru:d]
「r」は舌を奥に引っ込めて先を立てた状態にして音をだす。舌をそのままにして「u:」を伸ばして発音し「d」で舌を前歯の裏・歯茎ではじいて発音する。(「r l」発音の記事参照)
shoot
[ʃu:t]
「ʃ」で歯を閉じて口を前に出して縦に開ける。その状態で「u:」を発音して「t」で舌を前歯の裏・歯茎ではじく(「s sh」発音の記事参照)
queue
[kju:]
「Q」と同じように「k」で舌を口の奥ではじき「ju:」は「y」を含んだ音でおちょぼ口で発音する。
absolute
[ˈæbsəluːt]
長いので「ˈæbsə」と「lu:t」に分ける。「æ」で口を横→縦に開けて発音して「b」で唇を閉じてはじく(このときに歯を閉じておく)。「sə」は内を横に広げてから少し縦に開けて短く発音。「l」ですばやく舌を前歯の裏・歯茎ではじいて「u:」の形に持っていく。最後は「t」で再び前歯の裏・歯茎ではじいて音をだす。慣れてきたら「ˈæbsəluːt」でつなげて練習。(「æ」に関しては「a」発音の記事参照)

「ʊ」と「u:」自体はそこまで難しくないと思いますが、いざ単語となるとおちょぼ口をつくるのが難しくなると思います。

難しいようならまずは発音記号を2つ組み合わせた音で練習して、慣れてきてから単語を通して発音していくと上達していくはずです。

ただ注意点として他の発音記号の矯正をしておかないと間違った発音のしかたでクセがついてしまいます。なのでまずはひと通り発音記号を勉強しておくことをおすすめします。

まとめ

この記事では「ʊ」と「u:」の発音のしかたを解説しました。内容をまとめると以下のようになります。

  • 「ʊ」と「u:」の発音は以下の2ステップで行う
    1. 口を軽いおちょぼ口にする
    2. その状態で「ʊ」は短めに「u:」は伸ばして音をだす

まずは発音記号だけで発音できるように練習して、慣れてきたらシラブルや単語で練習していきましょう。

comments powered by Disqus

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (25)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。