カテゴリー:発音の矯正と練習

発音の勉強法まとめ


英語において発音は単語や文法と同じように必須ですが日本の教育では軽視されてきました。この記事では発音が重要である理由と日本人が英語を発音できない理由そして発音を習得するための勉強法を解説します。

発音の学習ガイドとポイント


英語の発音には日本人にとって簡単なものから難しいものまでたくさんあります。発音するのが難しい音だけ手っ取り早く直したいという人へ向けて、7つの音のパターンに集約しました。これらをピンポイントで直していくコツを紹介しているので、すぐに発音を上達させることができるはずです。

英語は発音記号を練習するだけで相手に伝わるようになります。日本人の多くはすでに十分な単語と文法を学校で学んでますが、発音だけが小学生以下のレベルなせいで相手に何を言っても通じない状況です。この状態を抜け出すための発音記号の学び方を解説していきます。

英語はスペルを見ても発音のしかたがわからないときが多くあります。しかしある程度の読み方のルールが存在するので、それらを覚えればさらに効率よく発音や単語の勉強ができます。この記事では「母音・子音」の読み方と「アクセント」の位置をみつけるためのルールを解説していきます。

英語の発音にはいろいろな練習方法がありますが、ただネイティブのマネをしようとするのはNGです。効果的な練習のしかたは、「何を」「どうすれば」上達するのかを具体的に考えてする必要があります。この記事ではその具体的な方法とその理由、さらに役に立つ教材を紹介していきます。

おすすめの発音教材


今回は発音の教材である「UDA式30音練習帳」を紹介します。僕がオススメする勉強方法では発音の重要性に何度も触れていますが、実際に発音の勉強をするときの教材材としてこの本を使うことをオススメします。この本を使った体験んをんもとに良い点と悪い点の両方を書いていますので、参考にしてもらえるとうれしいです。

アルファベット・発音記号の読み方


英語の【L・R】の発音は舌の位置と声の高さの違いがわかっていないと使い分ける・聞き分けることが困難です。この記事ではLRの違いをはっきりとさせて、自分で正しく発音し、聞き分ける力も伸ばせるように書いています。

【s】と【sh】の発音は口の形でほぼ決まります。この2つの音はカタカナ発音の影響のせいでうまく発音できていない・間違った発音をしている人が多いです。この記事ではとくに似ていると思われている「ス」「シ」【s】【sh】の違いをイラストつきで解説しています。さらに音を間違えやすい単語やほかの音との組み合わせの練習になる単語を紹介しています。

英語における「a」にはその使われ方によって読み方が変わります。この記事では「 aの読み方5種類」と「それらを見分ける方法」を紹介していきます。

その他の発音関連記事


日本人のほとんどの人がカタカナ発音を話しています。しかしこのカタカナ発音は日本人相手にしか伝わりません。さらに悪いことにほかの英語技能へ悪影響もあります。カタカナ英語でも通じるという盲信を止めて正しい英語の発音を習得しましょう。発音は実は簡単に矯正することができます。

英語の母音を日本語の母音にあてはめていませんか?これらはまったくの別物で、どのように発音するか勉強しないとできるようにはなりません。この記事で英語のすべての母音の発音方法をイラスト付きで詳細に解説しています。これを読みながら練習すれば簡単に発音の矯正ができます。サンプルの音を聞きつつ自習してみてください。

英語の子音の発音方法を詳しくイラストつきで解説しています。僕が学んで実際に使っている発音方法で、海外でのコミュニケーションに使うためのコツと注意するポイントがたくさん書いてあります。この記事を読んで練習していけば子音の発音をネイティブレベルまで向上できるはずです。

英語の会話に発音は必要不可欠です。まずは単語で発音の練習をする前に、発音記号を習得してください。単語は複数の発音記号からできているので、発音記号ができていないとただしく発音できません。しかし発音記号をマスターすれば、後々ネイティブのような発音ができるようになります。

英会話で何度言っても相手に通じないもどかしい経験をしたことはありませんか?。その原因はずばり発音にあります。そこで発音矯正のロードマップとして発音記号、シラブル、単語、文という段階を通してネイティブにも1度言うだけで伝わるきれいな発音へと改善する方法をおすすめします。この記事ではシラブルと単語についての解説をしています。

英語の発音を周到するコツはたくさんあります。そのなかでも日本人にとって効果的なコツを紹介していきます。ここで紹介するコツは、最終的にきれいでかっこいい英語の発音を習得し、相手に一度で伝わる=感謝されるような発音を目指します。数多くあるコツを英語の発音に対する考え方、発音記号、英単語、英文という成長段階に応じて順番にまとめました。

breatheはbreathの動詞ですが、実はこの2つは発音がかなり違うのを知っているでしょうか?この記事ではまずbreatheの間違った発音を矯正できるようにイラスト付きで発音のコツを解説し、breathとbreathesとの違いにも踏み込みます。さらに英語の発音を上達させるための勉強方法についても紹介していきます。

マクドナルドの発音が英語だと全然違うのは知っている人も多いと思います。旅行なんかで通じなくてショック・・・でも具体的に何をどうしたら発音できるようになるの?この記事でそれに答えられるように解説していきます。

英会話で「Really?」と言う機会はかなり多いと思います。でもreallyをうまく発音できないとちょっと使うのをためらってしまいますよね。この記事ではreallyをネイティブのように発音するための方法を解説します。reallyの発音に必要なイラストやコツを交えて解説するので、記事を読み終わるころにはきれいにreallyを発音できるはずです。

theは英語で頻繁に使われる単語です。その発音には2通りあって使い分けがよくわからない人も多いと思います。この記事ではtheの2つの発音について、使い分けるルールとそれぞれの発音を習得するためのコツやポイントをイラストつきで解説していきます。記事で行う練習のプロセスは発音の上達に使えるものなので、参考にして英語の発音の底上げに使えます。

「women」の発音が単数形の「woman」とは違うのは知っていると思います。この記事ではこの混乱しやすい単語の発音のしかたを口と舌のイラストと音声をつけて比較・解説します。

飛行機の席なんかで【aisle】という英語を見たことがあるかと思いますが、この【s】は発音せずに「アイル」のような発音になります。しかしこれではまだネイティブに通じないので、ここから発音を上達させる方法を解説していきます。

thinkの過去形である【thought】の発音は口の形や舌の位置が重要です。この記事ではわかりやすいようにイラストを使って発音の仕方を解説していきます。発音を上達させた後に実際に使えるように英会話での使いどころも紹介していきます。

monthは複数形になるとthとsがくっついて読み方がわからなくなる人も多いかと思います。この記事では発音のしかたとコツを簡単に紹介した後に、より具体的に上達させるための口や舌の形について解説していきます。

【work】と【walk】の発音と聞き分けは日本人以外でも苦戦する人が多いです。この記事ではこの2つの単語をイギリスとアメリカ発音を網羅的に解説していきます。読み終わるころにはきれいに発音できるようになり、音の違いとその原理を理解できているはずです。

「英語の発音ができない。」そう言っている人は多くても、なぜできないのかを深く考える人はあまりいません。あきらめているのか、考えるのが面倒なのかはわかりませんが、理由がわからないとその対策もしようがありません。この記事では僕がこれまでの経験から得た6つの理由をシェアしたいと思います。

英語の母音は日本語よりも多く、音だけでなく発音の仕方も異なるものが多いです。全て練習するのが一番ですが、今回は最も難しい・重要な母音を5つだけ厳選して、それらの発音のしかたをイラスト付きで解説します。

英語の「p」と「b」の発音は日本語の「プ」と「ブ」に似ているので割と簡単ですが、相手にとっては妙な音に聞こえてしまいます。この記事ではこれらの音を英語の音としてきれいに発音するための方法を図と音声つきで解説します。

「m」「n」「ŋ」が全部同じ音に聞こえるという人がいると思いますが、それは自分がこれらの発音のしかたをわかっていないことが原因かもしれません。この記事ではこれら3つの発音のしかたと違いを図解しながら解説します。

「tʃ」と「dʒ」は口・舌・歯を正しく使わないときれいな発音にはなりません。とくに日本語の「チ」と「ヂ」とは明らかな違いがあり、混同しないようにわかりやすく図を使って解説していきます。

「k」と「g」は母音を含まないように発音すれば割と簡単な音です。しかし他の音と組み合わせたときにうまく発音できない人もいるかと思います。なのでこの記事ではとくに難しい音の組みあわせの発音方法とコツを解説します。

「w」は発音記号として読むと「ワ」のように読む人が多いですが、口を縦に開けて出す音ではありません。口を縦に開けるのは「ア」という母音のためです。この記事では正しい口の形と動きを図を使って解説します。

「ʊ」と「u:」は日本語の「ウ」のように発音している人がほとんどです。しかしこれらは口をおちょぼ口のようにしないと英語の音にはなりません。この記事でわかりやすいように図を使って解説します。

「ɪ」と「i:」の発音は日本語の「イ」のように横に広げずに「エ」のような形で発音することでより英語の音に近づきます。維持の中で図や音声をつけて解説するので参考にしてみてください。

「h」の発音は口を自然に開けて母音を含まないように息をはくだけできれいな音にできます。この記事では具体的な発音のしかたと気を付ける点を解説していきます。

「ə」「ɜ:」「ɜ:r」の3つは日本人があまり理解していないもしくはうまく発音できない音として有名です。この記事ではこれらの発音のしかたを図解して、さらに「ə」の英語の発音における役割について解説していきます。

Takto

セルフィー

海外(オーストラリアとイギリス)在住歴計10年ほどの takto です。ブログを通じて英語の勉強をサポートできればと思っています。

経歴:

  • 大学生の時にTOEIC330点から英語学習を開始
  • オーストラリアの語学学校へ留学・そのあとの大学院留学時にIELTS 6.5達成
  • 大学院修了時にIELTS 7.5達成
  • そのまま現地企業にエンジニアとして就職

プロフィールその1:ブログ主の過去と転換点

プロフィールその2:希望とともに行動に移す

プロフィールその3:絶望的な英語力と上達しないフラストレーション、そして道が開ける


質問や相談などお気軽にどうぞ

takto-english@takto-explorer.com

アーカイブ


2021 (31)
2020 (128)
2019 (10)

メッセージフォーム


質問や意見などがあればこのフォームからお問い合わせください。